CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
             
ARCHIVES
CATEGORIES

ベルメゾンネット

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

アウトドア&スポーツ ナチュラム

ポイントアフィリエイト

アマゾン検索ツール
RECOMMEND
【あす楽対応】肌にも環境にも優しいオーガニック日焼け止めソレオ オーガニックス 80g / SPF30+・PA++ オーガニック先進国オーストラリア発!日焼け止め【あす楽対応】
【あす楽対応】肌にも環境にも優しいオーガニック日焼け止めソレオ オーガニックス 80g / SPF30+・PA++ オーガニック先進国オーストラリア発!日焼け止め【あす楽対応】 (JUGEMレビュー »)
ダイビングもサーフィンもやるメオトとしては、サンスクリーンは年中、必需品。

肌にもよくて、環境にも配慮されたものがずっと欲しかったんです。

気に入りましたよ〜、このサンスクリーン!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
プランB4.0
プランB4.0 (JUGEMレビュー »)
レスター・ブラウン
RSS購読はこちら!
GreenなNews

MOBILE
qrcode

西表島旅行記 Vol.16 〜 石垣島は美味しいぃ(^0^)/^ 〜
JUGEMテーマ:旅行 


9/24、竹富島で目いっぱい遊んだから、いい感じでお腹ペコペコ
石垣島に来たら、やっぱりココ ”やまもと”に行かないとですよね〜

旅行計画中に予約連絡したら、既に満席
お店に来てもらって隙間があれば、、、、ということだったので、
開店後間もなくママちゃり飛ばして向かいましたよ
(ホテルで3時間無料のレンタサイクルサービスがあって大助かり!)

3年振りの”やまもと”だから、何としても食べた〜い
30分でもいいから食べさせて〜と懇願していたら、女将さんがメオトの熱意を
受け入れてくれて、席を用意してくれました

待ちに待った石垣牛
さぁ〜、どれから食べようかな〜



悩んだ挙句、やはり最初はネギタン

適度な厚さと歯ごたえあるけど、
柔らかいのよ〜

ん〜、旨い






 

 これは牛刺身

 肉がと〜っても甘いんです
 
 いや〜ビールが進みますねぇ〜







次は 焼きシャブ
お肉は刺身でもいける上ロース

なので、さっと焼いて玉ねぎを巻く、
タレでも良し、ポンズでも良し、
焼き具合、味付けはお好みで〜

もちろんこちらもお薦めです






  

 最後は上カルビと石垣島地ビール

 ん〜、どれ食べても美味しいわ









やまもと”の大将、女将さん、期待を裏切らない味をありがとうございました
とーっても美味しかったです。ご馳走さまでした



メオトの石垣島グルメはこれで終わらな〜い

順序が逆ぅーーーと言われそうだけど、お店に入れることが優先なので、
これでいいんです

次、行ってみよ〜

はい、まぐろ専門居酒屋”ひとし”です〜
海人(漁師)から直接仕入れるので、新鮮のうえに安い
この日の〆は旨い魚&肴でゆっくり・まったり〜


待ってました
マグロの大トロ&中トロ

うん!中トロは旨い
この日の大トロはチト残念な感じだった
前回は唸ったほどだったんだけど・・・
大トロの中でも部位のアタリが
悪かったかなぁ。。。
次回に期待



 
 海ぶどうは写真ないけど、
 新鮮プチプチで美味しかった

 人気の”いかすみチャーハン”
 これは旨い

 お薦めです〜






まぐろ専門居酒屋”ひとし”だけに大トロは残念だったけど、全体的には
ただ、3年前に比べ若年齢化している印象。
もっとオヤジくさい店のままであって欲しかったぁ〜

とは言っても、次回も行くと思いますので、リベンジ大トロお願いしま〜す



自然が豊かだと、食べ物も美味しいぃ〜









(^O^)笑顔同封(^O^)

Love & Green, Yoko



*ランキング参加中、ぽちっと1票お願いします!↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

| 旅行 | 08:25 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
西表島旅行記 Vol.15 〜 八重山諸島めぐり 〜
[西表島] ブログ村キーワード [旅行] ブログ村キーワード
JUGEMテーマ:旅行 


9/24、とうとう西表島を発つ日がきてしまいました

前日はお別れの宴会だったので、胃に優しい雑炊を朝食に出してくれました。
里子さん、毎食ありがとうございました。
とーっても美味しかったです

最後に
スティーブ、里子さんと記念写真

山猫お針箱に泊まって、ホントよかった。

また来ますので、
その際もよろしくお願いします






スティーブお薦めの高速フェリーに乗って石垣島へ出発です
この高速フェリーが何故お薦めかというと

西表島のこんな景色が見れるから

ではなくて、、、

こんなところを経由するからなんです


このおじさんの背中に書いている文字は
そうです 瑠璃の島の撮影地だった、鳩間島 なんです
このTシャツ渋いね〜。

鳩間島に立ち寄ると言っても、
滞在時間は約10分ですが、、、

澄んだ海が最高にキレイです

あ〜、潜りたいぃ〜








 はーい

 ← ココが瑠璃の島で竹之内豊が
    飛び込んだ場所です

 Johnが飛び込みたそうに
     堤防を見つめていました

 残念ながら鳩間島はここで終了
 では、石垣島を目指すとしますか。



いよいよ石垣島に到着〜と眺めていたら、タイタニックかと思うような豪華客船が
中国からでしょうか フレームに入らない、でも撮りたい、と苦戦の1枚

石垣港ターミナル付近は、豪華客船の
乗客らしき観光客で大賑わい

大賑わいを避けて、メオトはホテルへ
荷物を預けに向かったのですが、
なんと途中でならぬ
コンビニシーサーを発見

さすが沖縄 
やられました。



さぁ、荷物も預けたし、またまた船に乗って例の場所へ向かいますか

そうです
この風景わかりますよね、竹富島でーす
ここ来たかったの〜

水牛と古民家が画になりますよね〜

珊瑚の垣根は積んでいるだけなのに
崩れないって驚き

もちろんメオトも水牛に乗り、竹富島の
風景を楽しみました










ガイドのお姉さんがサンシンを弾きながら、十九の春や、涙そうそうを唄ってくれて
ゆ〜ったり気分を満喫です


水牛の後は海までサイクリング

ママちゃりだけどね〜












コンドイ園地

海の向こうに雨雲があって、ところどころ
雨が降ってるのわかります

メオトたちが居る場所は暑いくらいの
日差しなのに、自然の不思議ですね。







次は皆治浜
なんかイイ雰囲気でしょ〜



ここは細長い浜で、木陰もあって
カップル向きかな

メオトも仲良く乾杯しちゃいました








これは竹富島の学校。
校門の奥に広がった校庭は、子供たちの成長の場なのでしょうね〜。

校舎もイイ感じ。

こんな自然の中で育つ子供たちは
きっと素直なんでしょーね










竹富島がいまも風情ある町並みを維持しているのには、島民の昔ながらの町並みや文化を保存しようとする意識が非常に高いのです
※この意識は西表島や以前行った屋久島でも同様に感じたことです

竹富島の島民がおこなっていることの例はこちら

●新しく家を建てる場合は必ず許可を得てから、平屋の赤瓦の家(カーラヤー)を
 建てなければならない。
 ただし、赤瓦を葺く場合は補助金が支給される。
●窓ガラス等は見えにくいようにすだれなどで隠す。
●建物の外に看板などを露出させることは原則禁止。
●大規模リゾート開発を目的とした土地買収には応じない。
●珊瑚を砕いた白砂の道は、住民の毎朝の掃除によって美しい状態に維持されている。
 また白砂はアスファルトと違い、雨や台風が来るたびに、少しずつ海に流れていってしまう。
 そのため、住民は砂浜で白砂を集めてきて、定期的に道を補修している。

などが挙げられます。



自然と共存するためには、
人間が考えて行動しないといけません
再認識ができてよかった



次回の石垣島での食三昧 もお楽しみに





(^O^)笑顔同封(^O^)

Love & Green, Yoko



*ランキング参加中、ぽちっと1票お願いします!↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ


| 旅行 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
西表島旅行記 Vol.14 〜 チヌ(黒鯛)も釣ったどぉ 〜
[西表島] ブログ村キーワード [旅行] ブログ村キーワード
JUGEMテーマ:旅行

9/23、西表島でゆっくり過ごす最終日となっちゃいました

最終まで目いっぱい西表島を満喫するために早起きしたから、スティーブが祖納漁港へ釣りに連れていってくれました
この日のお目当てはチヌ(黒鯛)
前日のグルクンと違って、当たり外れがあるらしい。


陽が昇る前の空は幻想的です〜

陽が昇るまでの約1時間が勝負
サンマのぶつ切りをエサに垂らして待っていると、小物は食いついてくるんだけど、、、
待っているサイズのチヌは中々。。。

半ば諦めかけた頃、Yokoに強い引きが
チヌだぁーーーー、釣れたどぉ〜
体長30cmくらいかな。 スティーブからお褒めの言葉をいただきました
最後の晩餐はチヌの刺身で大盛り上がり間違いなしです
ちょっと目が怖い
美味しくいただくので、お許しを〜

釣れたチヌは里子さんに託し、朝食をいただくことに
グルクンの漬け丼と、もずく。
とーっても美味しかったぁ

さぁ少し休憩して、星砂ビーチでのんびりシュノーケル
行った時間が干潮だったので、ひざくらいの水位に魚たちがたーくさん泳いでいました。



この不思議な模様のはエビ
擬態している姿が可愛いでしょ

シュノーケルを楽しんだ後は、西表島で友達になったHくん家の農園見学
無農薬で作っているパパイヤ。 大きいでしょ〜
新芽も出てきてて順調に育っています


パパイヤの次は、ウシさんも見学させてもらいました。
ウシさんは人見知りするようで、メオトが撫でようとすると頭をヒョイっと避けるのです
でも、Hくんの友達が近寄ると、写真↓のように頭を出してくるんです
この子は何故かカメラ目線


ひととおり遊びが終わり、朝に釣ったチヌで晩餐スタートです
身が締まっていて美味しかったぁ〜
これは川エビ
里子さん、スティーブのお友達:洞窟ガイドの方からの差し入れ。
素揚げで十分美味しくいただけます。
まだまだグルクンもたくさんあるので、みんなで美味しい酒と肴で一緒に大宴会


最後の晩餐も贅沢な食卓となりました
自然の恵みに感謝です






(^O^)笑顔同封(^O^)

Love & Green, Yoko



*ランキング参加中、ぽちっと1票お願いします!↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

| 旅行 | 06:35 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
西表島旅行記 Vol.13 〜 漁船で釣り三昧 〜
JUGEMテーマ:旅行


9/22、”まるま”でのシュノーケルを終えて部屋でのんびりしていたら、スティーブが釣り行こか、と誘ってくれました
てっきり近くのところに行くのかと思って準備していたら、ナントスティーブの地元友達:たかしさんの漁船に乗ってオキアミ釣りに連れて行ってくれたのです

西表島に滞在して1週間が経つのに、ショボイ魚しか釣っていないJohnを見かねて、スティーブがたかしさんに頼んでくれたのでした。 スティーブ優しい〜
たかしさんもとーってもイイ人で、メオトが持参したビール2本でって、凄いでしょっ
 


スティーブとJohn
ポイントまでは5〜10分くらい
でも、しっかりビールで乾杯








  見てみて〜

  たかしさんから「いい型だ」と褒められた
  






竿を垂らすと、直ぐに食いついてくれる
から、筋肉痛になるかと思うほど。

この時点ではまだ7尾だけど、この後も
バンバン釣れちゃって、もう大変

でも、楽しかったぁ〜





 
 すっかり陽が落ちてきたので、帰らないとね。
 この夕焼け〜夜空に変わる色合いが、何とも
 言えず素敵でしょ〜










縞アジが釣れて、今夜の夕食が楽しみ〜

里子さん、よろしくお願いします






ワォ〜
グルクン(タカサゴ)と縞アジの刺身
美味しそ〜! ブラボー
グルクン(タカサゴ)は身がもちもち、縞アジはぷりぷり
 
これも身がふわふわしていて美味しいぃ
 


スティーブとたかしさんのお陰で、食卓は大漁さかな祭りです
自分で釣って食べる、何とも贅沢です




(^O^)笑顔同封(^O^)

Love & Green, Yoko



*ランキング参加中、ぽちっと1票お願いします!↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

| 旅行 | 07:10 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
西表島旅行記 Vol.12 〜シュノーケルでウツボに出会ったぁ〜
JUGEMテーマ:旅行

9/22、この日は早起きして近くのトゥドゥリマ浜(月ケ浜)へ朝釣りに
朝日がとーってもキレイで、全身で太陽を浴びると元気になりますね

同じ浜辺からでも方向によって景色が違うから、これまた楽しい
 

さぁ〜、獲物は釣れるかな
30分ほどルアーを投げていましたが、
釣れたのは何でも食いつく魚のみ。。
(名前忘れたぁ〜・・・
スティーブからは「この魚を釣ったら
笑われるよ〜」とダメ出し

トホホ・・・な朝釣りでした。。


 
 気を取り直して食事としましょ

 もずく雑炊とサラダパスタ。
 癒される味で、とーっても美味しかったぁ







食後、少し休憩をしてから、”まるま”でシュノーケルすることにしました
”まるま”も珊瑚や魚がたくさんで、体がふやけるくらい遊べます
 
 
ここにもラムネ色のデバスズメダイが枝珊瑚の周りで遊んでいました
 
 


ハート型の珊瑚
いいことあるかも








珊瑚に魚に、ホント見てて飽きないですよね〜
 
 
 

左:ウニ、右:シャコ貝
シャコ貝は青紫色でとーってもキレイだけど、、、食べたい 
と思ったのはYokoだけかしら
 

何かいるかな〜 と見てみると、なんと
牙を剥いたウツボがっ (ニセゴイシウツボかな?)

おー、恐ろしいぃ
気をつけて観察しないと!ですね



岩かと思ったら、擬態してるみたい
どれかわかります?
1mくらいあるし、サメ と思ったけど、 どうやら岩と同色化したコチみたい。
目を凝らして見てみてください。  (ワニゴチかな?)

最後に可愛いウミウシを発見
ウミウシってほんと不思議な生物ですよね。
いろんな種類もあるから楽しめます



この日のシュノーケルも楽しかったぁ〜
西表島の海、最高っ



(^O^)笑顔同封(^O^)

Love & Green, Yoko



*ランキング参加中、ぽちっと1票お願いします!↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ


*記事中の水中写真はこれで撮りました!

評価: 
¥ 3,582 
コメント:デジカメの水中撮影用のハウジングって、ん万円もするのが普通。 でもこいつは4000円弱で、手持ちのデジカメが即席水中カメラに大変身! デジカメを入れて、厳重な3重のふたを閉めると、あっという間に10m防水カメラに! 西表島でのシュノーケルや水辺、温泉での撮影に大活躍でした。 これからは旅の必需品です。
| 旅行 | 05:55 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
西表島旅行記 Vol.11 〜シュノーケルで海ガメと出会ったぁ〜
[シュノーケリング] ブログ村キーワード 
[西表島] ブログ村キーワード [旅行] ブログ村キーワード
JUGEMテーマ:旅行


9/21、この日は里子さんお薦めシュノーケリングポイントへ一緒に行くことに
いつものように腹ごしらえ 今朝も美味しくいただきました

この日のお目当てはコチラ   そう カメちゃんなのです
里子さんは、ほぼ毎日このカメちゃんと一緒に海遊して楽しんでいるそうです。
シュノーケリングなのに、こんな近くで見れて大興奮


 ここも珊瑚と魚がたくさん










いそぎんちゃく&ニモも可愛く歓迎してくれています
 
縞々は、スズメダイなんだけど、名前が探せない。。何かな〜
優雅に泳いでますよね、珊瑚と合う
 
Johnが見つけたヤドカリ
こんなに大きいのは初めて見た。 サソリっぽくて、あまり可愛いものではないですね
 
シュノーケルの後は、スティーブお薦めのLaugh La Garden(ラフラガーデン)で昼食をとることにしました。
シンプルだけどオシャレな店内は、落ち着く素敵な雰囲気
 
ランチメニューはこんな感じ↓
メオトはゴーヤちゃんぷると、みそカツにしたのですが、どっちも美味しかったぁ
オーナー夫妻も素敵で、美味しいお店なので、行く価値アリです
 
里子さんお薦めのお店はココ
トンボ玉にマンタやクラゲお花などが
入っていて、とーっても可愛いドロップ
とっても気に入ったのだけど、Yokoはネックレスをすると肩こりになっちゃうので、今回は見送りとしました。
次回来たときは、箸置きにアレンジしてもらうようにお願いしよーっと

少し上原地区を散策して、宿:山猫お針箱に帰ることにしました。
集落から少し歩くと、人とは出会わず、牛と出会ちゃうほどのんびりした町です。
注意)日中に20分くらい歩いただけだけど、暑さでぐったり
    朝or夕方がお薦めです。
 
この日のご飯は
西表で獲れたマグロの刺身と、おでん、ゆし豆腐。
美味しいご飯で泡盛がすすみます
 

毎日美味しいご飯をいただけて、Yokoは家事を忘れてしまいそうです



(^O^)笑顔同封(^O^)

Love & Green, Yoko



*ランキング参加中、ぽちっと1票お願いします!↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ


*記事中の水中写真はこれで撮りました!

評価: 
¥ 3,582 
コメント:デジカメの水中撮影用のハウジングって、ん万円もするのが普通。 でもこいつは4000円弱で、手持ちのデジカメが即席水中カメラに大変身! デジカメを入れて、厳重な3重のふたを閉めると、あっという間に10m防水カメラに! 西表島でのシュノーケルや水辺、温泉での撮影に大活躍でした。 これからは旅の必需品です。
| 旅行 | 06:00 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
西表島旅行記 Vol.10 〜 カヌー&釣りで川遊び 〜
JUGEMテーマ:旅行


久々に西表島旅行記の続き

先日のブログでは、浦内川での川・山・滝遊びの午前Verのご紹介でしたが、ここからは浦内川をもう少し堪能するような川遊びにです。

浦内川支流をカヌーでゆったり進んでいきながら、Johnが大物を狙います。
つまり、Yokoが漕ぎ手という納得のいかない話ですが、、、まぁ、流れもないだろうから、Johnにサービスしてあげよっと

浦内川支流は川幅も狭く、マングローブ近くは浅瀬になっているので、乗り上げないように注意が必要ですが、前日の体育会系シーカヤックの成果か一人で漕いでも景色を眺めたり、写真も撮ったりしてもコントロールもバッチリ快調
 
支流の中ほどまで進んでいくと、ジャングルの中にレンガで造られた人工物が見えてくるので、カヌーを泊めて、5分ほど茂みの中を歩いていくと、自然の中に不釣合いな炭鉱跡が現れます
左の写真は炭鉱を運ぶトロッコの支柱跡だそうです。
 

☆・。・。☆・。・。☆以下、西表島の炭鉱について引用☆・。・。☆・。・。☆

明治の初めから、第二次世界大戦後まで、60年あまりの歴史を持つ西表島最大の炭鉱跡。
西表島は良質の石炭を産出し、かつてはいくつかの炭坑がありました。
そのひとつが、浦内川河口近くの支流、宇多良川の上流にある宇多良炭坑で、西表最大の炭坑でした。
ここには炭坑夫たちを中心に大きな集落が形成され、映画館や芝居小屋までありました。
現在の西表からは考えられないような賑わいでしたが、その反面、炭坑夫たちを奴隷のように強制労働させたり、また風土病のマラリアで多くの人たちが故郷に帰ることなくこの地で命を落としました。
西表の炭坑は、資源の枯渇と石炭需要の減少によって戦後相次いで閉山し、現在ではその残骸がたくさんの犠牲者たちとともにひっそりとジャングルの中に眠っています。
遊覧乗り場からは、しっかり踏み固められた山道がありますが、一人で行ったり、サンダル履きで行かないほうが無難です。観光化はされておりません。

☆・。・。☆・。・。☆・。・。☆・。・。☆引用終わり☆・。・。☆・。・。☆・。・。☆・。・。☆

さて、Johnの様子はどーかな
おーーー、西表島初ヒット Johnも大喜び
クーラーBOXがなかったので、キャッチ&リリースで楽しんだのですが、最後の1尾はスティーブと里子さんに見せようと持って帰ることにしました。
※前回の写真修正が心霊写真みたいだったので、今回はカラフルにお絵かきしてみました。
  川ちゃん、これなら夜も寝れますよね
 
西表島に来て初めて釣れた魚
里子さんが半身ずつ刺身と塩焼きにしてくれました。
15cmほどの小ぶりだったけど、身がしまっていて美味しかったぁ
ありがと〜
左:チャンプルー
右:もずくをしっかりさせたような、めかぶのような、何になりたかったのか不思議な食べ物。
  海藻なんだろーね。歯ごたえあって、あっさりしていて、まぁ、豆腐と一緒に食べて正解かも
  里子さん曰く、西表島には「何になりたかったんやろー?」と思う不思議な食べ物がいくつか
  あるらしい。
 

この日もしっかり遊びたおして、美味しいもん食べて大満足ぅ〜
明日は何して遊ぼうかなぁ〜



(^O^)笑顔同封(^O^)

Love & Green, Yoko



*ランキング参加中、ぽちっと1票お願いします!↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

| 旅行 | 06:20 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
西表島旅行記 Vol.9 〜 風力自家発電の西表カフェ 〜
JUGEMテーマ:旅行

9/20 午前の川・山・滝の自然三昧のあとは、支流でカヌー&釣りを計画しているのですが、腹ペコなので下流の遊覧船乗り場近くにある西表カフェでランチをすることに
西表カフェは、いま話題の沢尻エリカさまの旦那:高城剛さんが参画している風量発電をしているプロジェクトでちょっと有名。
メオトの気になるお店(point)のひとつだったので、goodタイミング
ゼファーの風力発電機がずら〜っと並んでいます。
高城剛さんの共同経営者であり、店長の満留さんはまだ30歳ちょっとなんですが、
完全循環型のカフェ、新しいタイプの自然派リゾート作りにも思いを巡らせていて、
いろいろなプランをきらきら眼で説明してくれました。

ゼファーの小型風力発電機は1基150万円(蓄電器含まず)。
6基でこのカフェの電力全体の約3割がまかなえるんですって!
風車の下に写っている赤い車は電気自動車(EV)です。 
当初はレンタルしていたのですが、今は建設準備中のリゾートができたら一棟毎にEV1車をセットにするつもりだとか。

 

西表から帰ってすぐのカンブリア宮殿(TV東京、司会:村上龍)で、
なんと! この風力発電のゼファーの社長が登場してるじゃありませんか〜

エアドルフィンと呼ばれる出力1kwのプロペラ型ブレード(羽根)の回転直径はわずか1.8m。
ブレードの素材にCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用することで強度と大幅な軽量化を実現し、風向がめまぐるしく変わる日本の風でも効率よく発電できるそう。
平均風速5mを超えれば、太陽光発電よりも発電量が多くなるという。
従来の小型風車と違い、弱風でもプロペラが回り始め、台風並みの強風が吹いても止めずに発電し続ける。
こうした点で国内の小型風車市場でのシェアは50%を超え、今年6月には、国産の風車で初めて産官学連携功労者表彰の経済産業大臣賞を受賞したそうです。
とっても興味深い身近な自然エネルギーであり、会社自体も魅力的なので風力とゼファーについてはそのうちジョンがまた書くと思います。

 

店内はシンプルだけど、落ち着く雰囲気。
写ってないけど、カウンターの奥には最近始めた水耕栽培の鉢が並んでます。
ちなみに無線LANがつながる島唯一(?)のカフェですよ〜。

完全循環型を目指す西表カフェではカップもリユース。 
 

ランチは、左:タコライスor 右:カレーライス
(見た目は同じ? でも味は違〜う)
どちらも赤米?雑穀米?を使用していて、体に優しい感じ
美味しかったけど、メオトにはボリュームが・・・。
もうちょい多くしてくれると嬉しいなぁ〜。
 

山猫お針箱の里子さんから西表カフェなら「スムージー」がお薦めよと聞いていたので、黒糖スムージーを注文
これがクセになりそうなほど美味しい〜
これから販売を考えているらしい生キャラメルをいただいたのですが、ラム酒が効いた大人な味でこれまた美味しくって、おかわりーって言いたくなるほど
販売されたら買ってみてくださ〜い

お腹も満たされたし、いよいよカヌー&釣り
ってことは、Yokoがカヌーを漕ぎ、Johnが釣り、ってことなんですよ〜
みなさん気付いていました

まぁ、川だし、支流だし、前日のシーカヤックに比べたら楽チンだわね
川遊びの続きは明日ご紹介しまーす


(^O^)笑顔同封(^O^)

Love & Green, Yoko



*ランキング参加中、ぽちっと1票お願いします!↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

 


 
| 旅行 | 15:24 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
西表島旅行記 Vol.8 〜 川!山!滝!と自然三昧 〜


9/20、快晴 今日は浦内川で川・山・滝遊び

今日もしっかり遊ばなきゃならんので、朝食もモリモリいただきまーす
 

山猫お針箱の里子さんより「浦内川は朝がお薦めよ〜」の情報をいただいたので、9:00の遊覧船に乗り込むことにしました
遊覧船乗り場までバス移動しようと思ったら、スティーブが送ってくれて、しかも観光協会の知り合いの方に「よろしゅうに」と顔つなぎまでしてくれて、ホントありがと〜

沖縄県で一番長い浦内川、浦内観光のおじさん曰く、最後の清流:四万十川にも劣らないくらいの清流らしく、魚も500種類以上はいるんだって
(川ちゃん、やっぱり四万十川って凄いんだね〜、行かねば!!)
こんな話を聞いたら、ますます楽しみ〜

さぁ〜て、今日のアウトドアメニューは
・遊覧船で浦内川上流へ 〜 カンビレーの滝まで約30分のトレッキング
・カンビレー滝で水遊び
・浦内川支流でカヌー&釣り

今日も盛りだくさんなので、順番にご紹介していきますね〜

先ずは、浦内川の下流から上流入り口まで遊覧船で向かいます
どうですか?雄大な感じしますよねー
 
左:川沿いにあるマングローブ林 
  日本には7種類のマングローブがあるそうですが、西表には7種類全てがあるそうな。
  朝は満潮ですねー。
右:サキシマスオウノキ、根板が立派
 
左:西表はシダ類の植物も多く、中でも椰子の木みたいに伸びている、ヒカゲヘゴが有名
  木の部分に年輪模様のようなものがあって、ちょっと不思議な感じがします。
右:浦内川の上流入り口の船着場
  なんかジャングルの入り口っぽいでしょー
 
実際に歩く道はこんな感じ。
緩やかな坂だからまだ歩きやすいけど、人とすれ違うのもやっとです
原生林でみかけた生物たち。
ヘビ、トカゲ、カエルはあちらこちらでガサゴソ行動していました
  
鳥獣保護区看板や、希少動物看板も!
 
左:マドゥリュ滝は数年前に事故があってから立ち入り禁止、残念
右:展望台からみたマドゥリュ滝
  ここからの景色でも十分
 
西表カンビレーの滝1 カンビレーの滝は幅広で所々にホールがあって
 水遊びに最適









その中でも気持ちよかったのは、高さ2〜3mの滝に打たれること
一度やってみたかったのよね〜
下が滝壷ではないから、立っているのが危ない、、と感じる方は、座って打たれるのも
但し、油断していると滑るので、怪我しないように注意です!!

メオトはこれがしたくて、水着&マリンブーツで臨んだのでバッチリ
とーっても気持ちイイ〜
心が洗われる感じ
※顔隠したら幽霊みたくなっちゃった
西表カンビレーの滝
この後はいったん下流にもどりランチ 〜 カヌー&釣りです。

この続きは明日・・・



(^O^)笑顔同封(^O^)

Love & Green, Yoko



*ランキング参加中、ぽちっと1票お願いします!↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

 
 
| 旅行 | 07:40 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
西表島旅行記 Vol.7 〜 シーカヤックに初挑戦! 〜
JUGEMテーマ:旅行


9/19、またまた快晴
この日はシーカヤックに初挑戦です

クロワッサンサンドとクラムチャウダー、絞りたて牛乳にパインをガッツリいただいて、シーカヤック:まんさくツアーにいざ出発
シルバイウィーク初日もあってか、この日のまんさくツアーは大盛況
ガイドのまんさくさん、メオト含めて総勢10名で無人島を経由して離島に向かいます
うまく進めば、Johnは後ろでルアーを垂らし、昼食or夕食の獲物を捕る勢いで臨みます

航路は、白浜港を出発して無人島の内離島(内パナリ)、外離島(外パナリ)を抜けて船浮にあるイダの浜で昼食、その後、内離島(内パナリ)と西表の間を抜けて白浜港に帰着する12km
この内容を聞いただけで怯みそうになりますが、そこは何事もチャレンジ
いっときましょ〜

と、気合は十分なのですが、この日は台風の影響あってか快晴なのに向風が強くて、なかなか思うように前に進みません
本当に辿り着けるのと思いながら必死で漕ぎ、無事に休憩場所:外離島(外パナリ)に到着
 
スノーケルに最適なポイントまでもうひと漕ぎして、昼食前の遊び時間の開始で〜す
水深5mくらいのリーフポイントで、カヤックから海に飛び込むと、こんなに美しい世界が広がっています
ここにも「デバスズメダイ」がいっぱい
可愛いですね〜
ブルーの枝珊瑚も素敵でしょ〜
これでもかぁー と叫びたくなるほど、視界一面が珊瑚の世界
太陽の光を浴びて、これまた幻想的

ちょっと深いから分かりづらいかな
奥まで珊瑚が広がっているの分かりますか
奥の岩のようなのも珊瑚づくしなのです
小魚もみんな楽しそう〜

まんさくさんがランチを作ってくれている間、休憩しながら島を散策です〜
島の端に洞窟みたいな通路があって、そこを抜けると裏側の海にいけるのです。
こういうところに行くと、探検隊になった気分で盛り上がりますよね〜
 
帰りは海岸の中ほどまでスノーケルをしながら戻ったのですが、ここは砂地なのでちょこっと見つけた珊瑚と魚たちに癒されますぅ
「ソラスズメダイ」も可愛いね〜
戻ってきたらイイ感じにまんさくさん手作りパスタの完成です〜
 
ピンボケでごめん。
ツナ・ピクルス・ニンジンのシンプルパスタ。
ちゃんとオリーブオイルで仕上げてお味は

一緒にツアー参加した方々と、
まんさくさん(真ん中)
メオトは一緒に写真を撮れなかったので、
いただきました

この日のシーカヤックは風が強く超〜体育会系の
合宿と思うほどのハードなもの。
特に昼食後の帰航はホント一生懸命に漕がないと
進まないどころか流されてしまいます
まんさくさんも「漕げー」「もっと漕げー」と
叫び、メオトも必死でしたが、かなり楽しかったです


そんなシーカヤックだったので、Johnの楽しみのひとつ:釣りが出来なかったので、山猫お針箱の近くにある月ケ浜(トゥドゥリマ浜)に散歩がてら釣りに行ったのだけど、結局、釣れなかった
西表に居る間には釣るぞ〜

気を取り直して、美味しい夕食です〜
この日は一緒にダイビングしたあゆみちゃんのお誕生日なので、里子さん(オーナー)とスティーブ(旦那さん)が伊勢海老を用意してくれました
 
伊勢海老のミソはスープパスタに、身はガーリックバター炒めに。
超〜美味しかったぁ
お誕生日といえばやっぱりコレ
西表島にはケーキ屋さんが無いので、スティーブがニラカナイのシェフにお願いして作ってもらったそうです
スティーブ優しいぃ〜
あゆみちゃん、おめでと〜
メオトもしっかりお裾分けをいただきました。美味しかったです


この日も目いっぱい楽しませていただきました

まだまだある西表島の魅力をお楽しみに〜





(^O^)笑顔同封(^O^)

Love & Green, Yoko



*ランキング参加中、ぽちっと1票お願いします!↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

 
評価:
¥ 3,582
コメント:デジカメの水中撮影用のハウジングって、ん万円もするのが普通。 でもこいつは4000円弱で、手持ちのデジカメが即席水中カメラに大変身! デジカメを入れて、厳重な3重のふたを閉めると、あっという間に10m防水カメラに! 西表島でのシュノーケルや水辺、温泉での撮影に大活躍でした。 これからは旅の必需品です。

| 旅行 | 06:20 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/6PAGES | >>